肌をキレイにする為には

肌ってどうしたら綺麗になる?

肌ってどうしたら綺麗になる?

若い頃はお肌は何もしなくても綺麗だったのに…年齢を重ねてくると、お肌にはいろいろなトラブルが生じてきます。やはり美しい肌の女性は、男性から見ても目を惹かれるでしょうし、女性から見ても羨ましいです。そうしたらそんな目を引くような美しい肌になれるのでしょうか?

 

お肌の美しさを外側から考えますと、化粧品がとっても気になります。まずは美しい肌を維持するために、天敵ともいえる存在はやはり紫外線です。紫外線は必要以上に浴びてしまいますと、メラニン色素が生成されて黒ずみの原因にもなります。そのため日差しの強いところへレジャーなどで出かける際は、UVケアは出来る限り徹底することは美しい肌の維持には欠かせません。

 

また化粧品は、つけている間美しい肌を演出してくれるものでもありますが、使い終わった後、つまり寝る前に化粧品を落とす際に洗い残しなどがありますと、それもお肌のくすみの原因にもなってしまいますので、洗顔も適切にムラの内容にすることは忘れてはいけません。

 

次にお肌の内面との関係で見ていきます。良く、美しさは内側からというフレーズをよく聞きますが、その内側とは主に腸の事を指す場合が多いです。日本人の女性には便秘の方が多いですが、これは良くお肌の良くないと言われています。便秘が続きますと町内に悪玉菌が増え、この悪玉菌の増殖が肝臓に負担をかける事になり、にきびや湿疹などの肌トラブルの原因になっていきます。

 

腸は良く不規則な生活や乱れた食生活から環境が悪化していきます。きれいなお肌は健康な腸から作られるとも言えそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ